2007年05月14日

レーシックで視力回復

レーシックは、メガネやコンタクトレンズに代わる第3の近視矯正(視力アップ、視力改善)方法として注目を集めている。レーシック眼科病院で行われるレーザーによる視力矯正手術(視力回復手術)です。

眼の角膜をレーザーで削り、カーブを変化させることで焦点を整える手術です。アメリカでは年間100万人超がこのレーシック手術を受けると言われています。

レーシックは日本でも東京、京都、大阪はもちろん、広島、福岡、神奈川等にも急速に広まっています。視力の回復が早い、ほとんど痛みがない、といった特長があります。

一般的には、レーシック手術の前に2回の検査を行います。手術自体は日帰りが可能で、翌日、1週間後、1ヶ月後、3ヵ月後というように定期的に術後の検査を行う必要があります。まずはどういう手順で視力回復手術を受けるのか、どんな注意が必要かを正しく理解しておくことが必要です。

レーシックの手術費用は、眼科、病院、クリニック等によってまちまちです。高いところと安いところでは数10万円もの差があるようです。一概には言えませんが、両眼で35万円くらいが平均と言われていましたが、最近では20万程度のところも出てきています。レーシック手術は医療行為ですので、眼科、病院を選ぶ際には、費用の他に「医療の質」や「通いやすさ」も重視する必要があります。実際にかかる費用とその相場を、クリニック選びの参考にしてください。

レーシック手術は高額ですが、生命保険・医療保険に加入されている場合、生命保険会社と、その契約内容によっては、手術給付金が支給される場合があります(いわゆるレーシック保険)。忘れずに保険会社に確認しましょう。

レーシックに関しては日本は後進国ですが、海外ではレーシックはどのような扱いなのか豆知識的なことも含めて紹介していきたいと思います。
レーシックの本場であるアメリカでは年間100万人もの人がレーシックを受けているといわれており、近視の人の1割がレーシック手術を体験しています。

レーシックの本場だけあって値段も安く、1000ドル程度で手術を受けることできるため、日本人でもわざわざ治療費の安いアメリカで手術を受ける人もいるほどです。
アメリカの場合、すでにレーシックを受ける人口は飽和状態にあるため、手術件数がこの先増加することは難しいですが、変わって急激な勢いでレーシックが普及していくと考えられるの中国をはじめとしたアジア諸国だといわれています。


レーシック手術をすることで何もよいことばかりがあるわけではなく、光あるところに影があるようにレーシックのリスクやデメリットもあるわけです。
レーシックのリスクをあげるとまず、もう後戻りはできないということです。勘違いが恐いので述べておきますが、レーシックは視力の矯正であって視力の回復ではないということです。

眼球の構造として近視(または遠視・乱視)になっているものをレーザーによって強制的に屈折率を変えただけですので、根本的な視力を出す仕組みは悪いままです。レーシックで削った角膜は二度と元にもどることはありません。仮に数年後レーシック
を上回るそれこそ真の視力回復法という治療法が開発されたときにレーシックを受けて角膜の形を変えてしまった場合は適応外ということになるかもしれません。

同じようにレーシックに関しては長期的なデータがないために何十年後になって重大な障害やトラブルが発生することもないとは限りません。このような事態になってからレーシックをする前の状態に眼を戻すなどということはできませんので十分それらを理解してからレーシックの手術をうけるかどうか決める必要があります。

そのほかレーシックに関するリスクとして、思ったほど視力が出ないということがあります。メガネやコンタクトレンズで強制した視力ぐらいはレーシックによっても出せるというのが通説ですが、レーシックにも適正があるのか、どの程度まで視力が回復するかは個人差があるうえ、視力が出てもその見え方(色のコントラスト、夜間における視力など)に影響がでることがあります。

レーシックの本場であるアメリカでは年間100万人の人がレーシックを受けているといわれており、近視の人の1割がレーシックを体験しています。

アメリカの場合、すでにレーシックを受ける人口は飽和状態にあるため、手術件数がこの先増加することは難しいですが、変わって急激な勢いでレーシックが普及していくと考えられるの中国をはじめとしたアジアだといわれています。

経済が発展して近代化が進めば進むほど、それに比例して近視の人も増えていくとにも当てはまりますので間違いないことでしょう。
海外ではアメリカ以上に安い費用でレーシックを受けることができるところもあり、タイ、ブラジル、韓国が料金も安く技術・実績にも信頼がおけるとの話です。

海外で受けるレーシックは費用の安さという魅力はあるものの、万が一のときの言葉の問題、術後のアフターケアの対応など、不安な点もありますので、安易に海外でレーシックを受けることはおすすめできません。


手っ取り早く、眼科のクリニックでレーシックのようなレーザーによる近視の矯正手術を受けて視力回復したり、メガネ・ソフトコンタクトレンズ・ハードコンタクトレンズなどで矯正してもよいと思いますが、まずはその前に、生活に支障のないレベルまで視力回復するためにがんばってみましょう。
posted by 直人 at 21:52| Comment(27) | TrackBack(0) | レーシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。